Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログでした。最近は幅広めに書いてます。

LINE Payカードを入手したのでレポート

あまりプログラミングには関係ないですが、キャッシュレスに興味があったのでまとめてみました。

LINE Payカードとは?

LINE PayカードというのはJCBプリペイドカードの一種で、LINE Payの媒体となるカードです。

LINE Payにお金をチャージしておくとLINE Payカードでその金額が使えます。

実際にLINE Payでお会計してみる

近所のスーパーにて先程使ってみました。

  1. 店員さんに「JCBカードは使えますか?」と尋ねる
  2. JCBカードを提示する
  3. ポイントカードを一緒に出す(例えばAEONならWAONカード)
  4. 店員さんがカードを通す
  5. お会計完了!

クレジットカードのようにサインや暗証番号を入力する必要もなくとても便利です。また、LINE Payカード自体にもポイントが付与されるので二重でポイントがついて大変オトクです。

LINE Payカードのメリット

LINE Payカードでの支払いにはいくつかメリットがあります。

  1. ポイントがつく
  2. お釣りを計算して小銭を出す必要がない
  3. 硬貨に触れないので清潔
  4. オートチャージなので使い勝手がいい

やはりキャッシュレスで支払いができるのがいいですよね。クレジットカードはどうしてもサインや暗証番号が必要になったりと面倒です。また、アプリの方で設定しておくとオートチャージされるようになるので、Suicaのようにチャージする手間もかかりません。

補足: LINE Payでもらえるポイントについて

LINE Payで支払いをすると、ランクに応じてポイントがつきます。たとえば「ホワイトカラー」というランクの場合は0.5%ポイントが付きます。ランクが上がるほどポイント率も高くなります。

ランクは「利用金額」と「何人以上に送金」という条件があります。詳しくは他ブログを参照ください。