Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログでした。最近はいろんな分野を幅広めに書いてます。

最高のターミナルを作る2019

1. ターミナルエミュレータを選ぶ

まず端末をきちんと選びましょう。どれも同じに見えますが、フォントが効かなかったり透過できなかったり、意外と違いがあります。

主要なターミナルエミュレータとしてはこんな感じです。

  • gnome-terminal
  • Terminal.app
  • xfce-terminal
  • Alacritty
  • terminator
  • Hyper.js
  • urxvt
  • iTerm2

チェックポイントとしてはこんなものが挙げられます。

  • rangerで画像プレビューができるか?
  • Nerd Fontを正しく表示できるか?
  • 透過設定ができるか?背景画像が設定できるか?
  • ウィンドウ枠を消せるか?

僕はPowerline系のUIを使っているので、NerdFontが効かないとちょっと表示が崩れてしまいます。ウィンドウ枠が消せるか、透過ができるか、背景画像を設定できるかは好みの問題ですね。

これらすべてを満たしていて、なおかつパフォーマンス的に問題がなかったのは今の所Alacrittyのみでした(Ubuntu環境なのでMacについてはわかりません)。次点でxfce-terminal、terminatorですね。ほかは色々と足りなすぎます。

Xfce-terminalは設定を特にいじらなくてもまともに使えるので初めてはオススメです。設定をいじるのが苦痛でない楽しいならAlacrittyは最高です。

f:id:panda_noir:20191202115057p:plain
左: Alacritty 右: gnome-terminal

2. シェルを選ぶ

普段ぼくはシェルにzshを使っています。理由はいくつかあります。

  • Bash Scriptの知識を流用できる(多少差異はある)
  • 補完がかなり効く。
  • 補完の自作もできる
  • プラグインが豊富
  • Bashより使いやすい

Bash Script自体はクソですが、いかんせん歴史があるので問題が起きたときに解決がカンタンです。また、ちょっと高度程度ならサラサラと書けてブラックボックス化しない点もいいですね(読むのはつらいし、あまりに高度なことをやろうとすると地獄を見ますが)。Bash Scriptをやめて独自のスクリプトを採用しているシェルは、どうしても導入例が少なくてやりたいことを実現するのが困難なことが多い印象があり、避けてしまっています。

3. ツールを入れる

おすすめのツールを紹介します。

exa

Rust製のalternative ls。lsよりもカラフルで見やすく、オプションがわかりやすいです。また、ツリー表示といったlsにはない機能も搭載されています。

f:id:panda_noir:20191202114410p:plain

f:id:panda_noir:20191202114706p:plain

bat

Rust製alternative cat。lessの表示機能とcatの結合機能・パイプライン機能を組み合わせた感じです。シンタックスハイライト付きで表示されます。

f:id:panda_noir:20191202114438p:plain

httpie

HTTPクライアント。curlやwgetよりもオプションがわかりやすいです。カラフルで読みやすいのもNiceです。

f:id:panda_noir:20191202114448p:plain f:id:panda_noir:20191202114500p:plain

ranger

ファイラー。なんと、コマンドライン上で画像プレビューまでできます。Vimライクな操作感で使いやすいです。

f:id:panda_noir:20191202114510p:plain

Neovim

特に語るまでもない。最高のエディタ。

tty-clock

デジタル時計。ターミナル上で時間を知りたいときに便利です。僕は競プロのコンテストが始まるときに使っています。

f:id:panda_noir:20191202114520p:plain

4. カラースキーム

Nordというプロジェクトを非常に気に入って愛用しています。色合いが最高にCoolです。Vim、Tmux、各種ターミナルに対応しているので、すべてで導入しました。うえの画像のような青みがかった黒が基調のテーマになっています。

Nord