Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログでした。最近は幅広めに書いてます。

Ubuntu17.10にHyperとHyper-akari入れてみた

Hyperを導入してみてハマった点などをまとめました。 f:id:panda_noir:20180710113327p:plain

Hyperのいいところ

  • テーマが使える
  • 色がオサレ

Hyperのダメなところ

  • やや重い
  • Ctrl + _が無効化される(このショートカットでコメントアウトするVimのプラグインが動かなくなった)
  • 日本語入力がデフォルトの端末より貧弱

UbuntuにHyperを入れる

How to Install Hyperを参考にしつつ導入します。ただ、wgetで取得してきたHyperがUbuntu 17.10ではうまく動作しなかったので、リンクを公式ホームページのものに合わせます。

$ sudo apt-get install gdebi
$ wget https://releases.hyper.is/download/deb
$ sudo gdebi linux_deb

するとHyperがアプリ一覧に追加されるはずです。

Hyper-akariを導入してみる

VTuberのミライアカリのテーマを導入してみました。

$ hyper i hyper-akari

f:id:panda_noir:20180710112254p:plain

Tmuxのステータスバーの文字色が消える

このテーマを導入するとなんとTmuxのステータスバーの文字色が消えてしまいます。正確にはrgba(136,192,208,0.1)という非常に薄い水色になっているようです。

f:id:panda_noir:20180710113440p:plain
tmuxにてステータスバーの文字が消えている

この問題を(とりあえず)解決する方法としては、hyper-final-sayを導入するという方法があります。

$ hyper i hyper-final-say

このプラグインはプラグインの設定よりユーザーの設定を優先するためのプラグインです。今の所Hyper-akariを上書きする手段が存在しないのでこのプラグインで強制的に上書きします。

Hyper-akariが上書きする設定項目は以下の通りです。

  • backgroundColor
  • foregroundColor
  • borderColor
  • selectionColor
  • colors
  • cursorColor
  • termCSS
  • css

このうちTmuxの文字色が消える原因となっているのはcolorsのbackというプロパティです。

  1. ~/.hyper.jsの上記項目のうちcolors以外をコメントアウト
  2. ~/.hyper.jsのcolorsの内容を以下のとおりにする
        colors: {
          black: '#000000',
          // red: '#C51E14',
          // green: '#1DC121',
          // yellow: '#C7C329',
          // blue: '#0A2FC4',
          // magenta: '#C839C5',
          // cyan: '#20C5C6',
          // white: '#C7C7C7',
          // lightBlack: '#686868',
          // lightRed: '#FD6F6B',
          // lightGreen: '#67F86F',
          // lightYellow: '#FFFA72',
          // lightBlue: '#6A76FB',
          // lightMagenta: '#FD7CFC',
          // lightCyan: '#68FDFE',
          // lightWhite: '#FFFFFF',
        },

これでひとまず問題は解決されます。今現在Issuueで取り上げられているのでそのうち解決されるかもしれません(開発者によるとこうしないと別のところで問題が起きるとのこと)。