Panda Noir

JavaScript の限界を究めるブログでした。最近は幅広めに書いてます。

Ubuntuのワークスペースの使い方まとめ

Ubuntuにはデフォルトでワークスペースと呼ばれる機能が存在します。が、使い方をまとめてあるサイトがなく、せっかく便利な機能なのにもったいないと思ったので、記事を書いてみました。

f:id:panda_noir:20180221164346p:plain

ワークスペースとは

ワークスペースというのは「仮想デスクトップ」のような機能です。デスクトップを複数つくっておき、それをショートカットキーで移動するようなものです。

たとえば、ChromeとFirefoxを半分ずつで開いている画面、ターミナルを全画面で開いている画面を作っておけばショートカットキー一つでポンポンと移動できます。

これは単なるソフトの切り替えでは実現ができません。

f:id:panda_noir:20181003144358p:plain
ChromeとFirefoxを開いたワークスペース

f:id:panda_noir:20181003144405p:plain
全画面にターミナルを開いたワークスペース

ワークスペースを有効化する

バージョンによって、デフォルトで無効になっていることがあるようなので、こちらの記事を参考に有効化してみてください。

Ubuntu 17.10はデフォルトで有効なようです。

Ubuntu 16.04 Ubuntu 16.04 Unity設定 - wagavulin's blog

Ubuntu 14.04 Ubuntu/Ubuntu14.04で仮想スクリーン(ワークスペース)を表示する方法 - Linuxと過ごす

ワークスペースを体験してみる

なにはともあれまずワークスペースを体験してみましょう。

まず、適当なアプリを2、3個開いてください。Chromeのウィンドウを3つ立ち上げるでも構いません。そしたら、Ctrl + Alt + Shift + ↓を入力してください。すると、現在のウィンドウが1つ下のワークスペースに移動します。

今度はCtrl + Alt + ↑と入力してください。1つ上のワークスペースに移動できます。できましたか?

ワークスペースの一覧を見てみる

今まで「1つ上のワークスペース」「1つ下のワークスペース」のような言い方をしてきました。これがどういう意味か、視覚的に捉えてみます。

まず、Superキー(ウィンドウズキーのこと)を押してください。するとこのような画面になるかと思います。

f:id:panda_noir:20180221162723p:plain

右端のところがワークスペース一覧となります。このように縦に並んでいるので「1つ上」「1つ下」と表現していました。

この画面で「Ctrl + Alt + ↑」と入力するとワークスペースの切り替わりが分かりやすいと思います。

ワークスペースの移動方法

Ctrl + Alt + ↑1つ上のワークスペースへ移動
Ctrl + Alt + ↓1つ下のワークスペースへ移動
Ctrl + Alt + Shift + ↑現在のウィンドウを1つ上のワークスペースへ移動
Ctrl + Alt + Shift + ↓現在のウィンドウを1つ下のワークスペースへ移動

また、次の方法でも移動ができます。

Super + PageUp1つ上のワークスペースへ移動
Super + PageDown1つ下のワークスペースへ移動
Super + Shift + PageUp現在のウィンドウを1つ上のワークスペースへ移動
Super + Shift + PageDown現在のウィンドウを1つ下のワークスペースへ移動

「Shiftがなければワークスペースを切り替える。Shiftを押していればアクティブウィンドウを移動させる」と覚えると楽です。